Webデザイン

Webデザイナーにアウトソーシングするメリットとデメリットを比較

この記事は5分で読めます

 Webサイトや、バナー、Web広告制作などをおこなうWebデザイナーを外注するか自社で内製するか迷うことも多いと思います。本記事は外注した際のメリットとデメリットを紹介するので、初めての試みで悩んでいる方は参考にしてください。さらに、外注時のデメリットを解決する方法も合わせてまとめました。

Webデザイナーにアウトソーシングするメリット

Webデザイン業務を内製化ではなく、外注するメリットについて紹介します。企業にとって重要な「社内のリソース」「コスト」「クオリティ」の3点がポイントです。

社内のリソースを使わない

すでに社内にWeb制作チームがある場合でも、現状手が開いているかの確認が必要です。人員はそのままで、単に新しい仕事を増やすだけでは社員の負担が増えてしまうばかりか制作にも時間がかかります。

外からWebデザイナーを自社のチームに加える方法と、ほぼ全ての業務を外部委託する方法があるので自社のリソースを把握しつつ依頼内容を考えましょう。

コストが抑えられる

社内でWebデザイナーをゼロから育成するとなれば、時間とお金がかかります。さらに、毎月の給与は固定ですよね。常にWebデザイナーを使う案件があり、月額の給与や専用ソフト費を含めてもアウトソーシングより安くなるならば、将来へ投資する目的で雇うこともありです。

しかし社内で作成できる人間がおらず、すぐにWebデザインが必要な場合はアウトソーシングした方がコストを抑えられます。設備費用もかかりません。

どの程度の業務があり、コストがいくら掛かるのかを計算してアウトソーシングするかを決めてください。

クオリティが保たれている

プロのWebデザイナーは、日々Webサイトに触れています。なので、最新の流行や人気サイトも把握しているでしょう。制作を依頼する場合は、最近の制作物を提示してもらうことで一定のクオリティに達しているか確認できます。

すでに社内にWebデザイナーチームがある場合でも、実力のあるフリーランスをチームに加えることで今まで作ってきたサイトよりも画期的な物が作れるでしょう。第三者の視点はとても重要です。

Webデザイナーにアウトソーシングするデメリット

メリットを先に紹介しましたが、もちろん外注化するデメリットもあります。「探すのが大変」「納品時期」「追加コスト」と、心配となる3点をまとめました。

探すのが大変

Webデザイナーを探す方法はいくつかあります。知り合いで頼める人が居ない場合は、ゼロからの依頼となるので良い人を見つけるのは難しいでしょう。

検索で上位にあがるWebデザイナーや会社が絶対信頼できるとは限りません。

また、クラウドソーシングサイトで募集をかければ応募がたくさん来ることも。しかし、その中から一人ずつやり取りをしていると選考にかなりの時間がかかってしまいます。

実力のあるWebデザイナーを見つけるための労力が必要となるのが問題点です。

急な案件は難しい

自社ならば、急ぎ案件にも対応できるかもしれません。が、外注する場合は依頼先を見つけるまでの時間がかかるので気を付けなければなりません。

クラウドソーシングサイトへ依頼を出しても間に合わない可能性があるので、直接Webデザイナーへ頼む手段を見つけておく必要があります。

急な案件を外部のWebデザイナーに任せる場合は、急ぎの料金も加算して依頼しなければクオリティが下がる可能性もあるでしょう。

追加コストがかかる

外部のWebデザイナーに頼んで契約が終了した後に、問題が発生したりコンテンツを追加したくなったらもう一度依頼する必要があります。自社の社員ならば追加コストを払わずに修正ができますよね。

自社にノウハウが蓄積されないので、新しいサイトを作る時はまたゼロから依頼をする必要もあります。契約の段階で〇ヵ月後の修正まで依頼するなど、完成後のアフターケアも含めてお願いするのもひとつの手です。

自社の社員と外部のクリエイターでチームを組む

外部へ委託するメリットとデメリットを紹介しましたが、社内メンバーチームに加える方法もあります。その場合のメリットも多いです。

技術を外部から学べる

自社のメンバーだけでは社内に蓄積されるノウハウがなかなか更新されません。プロのクリエイターから新しい技術を学んだり、今までになかった考え方に触れることもできるでしょう。

進行具合が把握しやすい

社内でプロジェクトに携わっている人が居ない場合は、どこまで作業が進んでいるのか分かりづらいですよね。社内メンバーになら進捗の確認を取りやすく、方向性にズレが生じてしまった時もすぐに指示を飛ばすことができます。

アウトソーシングをするかどうかだけでなく、社内メンバーと一緒にチームを組む方法も検討してみましょう。

プロのWebデザイナーへランサーユニットから委託

プロのクリエイター集団から、案件にあったクリエイターユニットを組むランサーユニットなら相談から契約までがスムーズに進みます。

また、コストも契約するフリーランスが見つかるまではかかりません。

手間をかけずに実力のあるWebデザイナーを見つけるには、ランサーユニットへご相談ください。

ランサーユニットへお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

この記事を読んだ方におすすめの記事

WebCM公開中!
PAGE TOP