動画制作

動画制作の業務委託先を探したい!募集する方法とメリット・デメリットまとめ

この記事は5分で読めます

「動画制作を業務委託したいけど、制作会社の探し方がわからない」

「動画制作会社がたくさんあって選び方がわからない」

この記事では、そんな初めて動画制作の業務委託先を探したい!という方のために、動画制作の業務委託先の探し方、募集の仕方、さらにメリット・デメリットをまとめました。

動画を制作会社に動画を依頼する手順

ここ数年で動画制作のニーズは拡大しました。どのような動画制作会社に頼めばいいのか?迷う方も多いのではないでしょうか。

インターネットで検索して、たまたま上位に表示された制作会社に依頼してはみたものの、思ってたのと違った…というようなことは避けたいですよね。本記事では、制作会社の探し方、制作会社に依頼するメリット・デメリットを紹介します。

制作会社の探し方

・納期、予算、目的、動画イメージを決める

制作会社を探す下準備として、「どのような目的でどんな動画を作りたいか?」をイメージして決めましょう。納期・予算も伝えられるようにしてください。

動画の種類は、たくさんあります。アニメーションなのか、実写映像なのか。動画の長さ、どのような素材を使いたいか?を、制作会社にしっかりと伝えることで、希望との乖離を防ぎましょう。

・相見積もりを取る

次に複数の制作会社で相見積りを取ります。

動画制作会社はたくさんあり、会社によって費用もピンキリ。相見積もりを取ることで他社と比較でき、より自分に合った制作会社を見つけることができます。

選び方の基準のひとつは「制作実績」です。制作会社では公式HPで過去の制作実績を公開しています。自分の希望に沿った動画を制作してもらえるか確認してください。

動画を制作会社に依頼するメリット

・クオリティの高い動画を制作してもらえる

動画制作会社に依頼するメリットは、クオリティの高い動画を制作してもらえるという点です。動画編集ソフトが普及し、個人でも動画が作れる時代になりました。ですが、動画制作会社にいらいすることで、クオリティの高い動画が制作できます。

・動画制作以外も任せられる

自社で綿密な企画を立てられない場合、企画から全てお任せできるのは、大きなメリットと言えるでしょう。動画制作の知見がない場合、どのような目的を達成したいのか等を伝え、企画から提案してみらうこともおすすめです。

動画を制作会社に依頼するデメリット

・制作費が高い

制作会社に動画制作を依頼する場合、フリーランスの個人に制作を依頼するよりも費用が高くかかる場合が多いです。制作に関わる人が増えると制作費は増える傾向にあります。

クラウドソーシングサイトで動画制作を依頼する

動画の需要が一気に増えたことで動画制作の委託先も多様化し、動画制作を請け負っている個人も増えました。

クラウドソーシングサイトで動画制作を受注している個人を探す場合、どのような点に気を付けたら良いのでしょうか?

クラウドソーシングサイトで依頼する方法、メリット・デメリットをまとめてみました。

クラウドソーシングサイトに依頼する方法

動画制作会社に依頼する方法のほかに、動画制作を行っている個人に依頼することも可能です。動画制作を行っている個人を探す場合は、個人と企業をマッチングするサイト「クラウドソーシングサイト」で募集することができます。特に利用者が多い大手クラウドソーシングはこの3つが挙げられます

・クラウドワークス

・ランサーズ

・ココナラ

自分である程度のプランまで考えて、クリエイターとマンツーマンで仕事をしたい場合はおすすめです。

クラウドソーシングサイトに依頼するメリット

・制作費を抑えられる

個人に依頼する場合、制作会社に依頼するより制作費を抑えられることが多いです。特にクラウドソーシングサイトは、経験値が低く安価に仕事を請ける方も登録している傾向にあります。たまたま優秀な人に出会えればよいですが、ほぼ未経験のような方もいるので、発注先の選定には注意が必要です。

・作業ごとに依頼することが可能

一部の業務のみを依頼することで、効率化する選択肢もあります。動画制作には、構成、映像素材作成、編集といくつか作業行程があるので、自社ではできない部分だけを依頼するのも一つの手です。

クラウドソーシングサイトに依頼するデメリット

・品質が落ちることも

クラウドソーシングは、様々な人が登録しているため、発注相手をきちんと選定しないと、品質が落ちてしまうことがあります。正式に依頼をする前に、制作実績や評価で確認しましょう。

・匿名性が高く、身元がはっきりしない

クラウドソーシングサイトは、匿名性が高く身元がはっきりしていないこともデメリットとしてあげられます。提示された実績が必ずしも本人が制作したものである証拠を得られない場合も多く、業務委託する安全性は少々劣ります。

動画制作を実績のあるフリーランスへ業務委託しよう

動画制作を業務委託する場合、「制作実績」の確認をすることが、イメージ通りの動画を依頼できるかの参考になるでしょう。

クラウドソーシングサイトを利用する場合は、一番安価に動画制作を依頼することができますが品質が落ちる可能性もあります。

コスト効率よく発注したい場合は、制作会社だけではなく、フリーランスへの発注を視野にいれると良いでしょう。

「ランサーユニット」では、プロの技術を持った映像クリエーターに動画制作を依頼することが可能です。匿名性の高いサイトで募集するフリーランスとは違い、身元をしっかり確認したクリエイターのみ在籍しているのでセキュリティ面でも安心です。

動画制作に悩んでいる方は、お気軽にご相談ください。

ランサーユニットへお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

この記事を読んだ方におすすめの記事

WebCM公開中!
PAGE TOP