Webデザイン

フリーランスのWebデザイナーに外注する3つのメリット・デメリット

この記事は5分で読めます

『ホームページの制作をフリーランスのWebデザイナーに外注してみたいけれど、少し不安がある。』という方も多いのではないでしょうか。不安の理由は、「企業」ではなく「個人」に頼むという点が大きいでしょう。

特に初めて頼む相手とは信頼関係を築くところからスタートになるので、どのようなWebページが出来上がるのか、ちゃんと仕上がるのかなどの不安はありますよね。

しかし、フリーランスのWebデザイナーに業務を依頼することは、コストの削減以外にも会社にとって良い影響を与えることもあります。

Webデザイナー業務を、フリーランスに外注するメリットとデメリットをそれぞれ3つずつ紹介していきましょう。

フリーランスのWebデザイナーに外注する3つのメリット

Web制作をフリーランスのWebデザイナーに外注するメリットは、大きく分けてコスト削減・リソース・社内環境向上の3つがあります。

それぞれ外注するメリットを詳しく見ていきましょう。

1.コストが抑えられる

Webデザインを外注する最大のメリットはコストの削減かもしれません。Webデザイナーを募集し自社で雇用する場合、人件費としてかかるものは給与だけではありませんよね。採用にかかる募集費用、教育コスト、社会保険の会社負担分なども発生します。

業務量によっては、人を雇ったほうが良いケースもありますが、単発のWeb制作や業務量に波がある場合は外注の方がコストの削減になるでしょう。

また、外注と一括りに言ってもWeb制作会社へ依頼する方法と、フリーランスへ依頼する選択肢あります。

金額はどちらも依頼先によって差がありますが、制作会社よりも、フリーランスのWebデザイナーのほうがコストを抑えられる事が多いです。ケースによっては、半分以上安くなることもあります。

2.社内リソース以上の業務がこなせる

既に社内にWebデザイナーがいる会社でも、外注を使えばリソースを増やすことが可能になります。

外注を使うことによって今までリソースが足りずに断っていた案件を受けられるようになり、苦手分野さえも受注可能になる。会社の業務の幅が広がるのは間違いありません。

簡単な業務を外注して社員には重要な部分を任せて、社内では対応しきれない高度な技術が必要な部分を外注したり、外注の使い方はさまざまです。

また、外注先によっては新しい提案をしてくれるところもあるので、社内に新しい風が吹くというメリットも。

3.社員の長時間労働を避けられる

繁忙期や受注案件が重なった時は、どうしても社員の労働時間が長くなりがちです。

しかし、そのような業務過多な時に外注を使うことによって社員の負担を減らし、社内環境を良くすることも可能になります。

慢性的な人手不足なら人材を雇った方が良いですが、一時的な場合は業務の外注化がおすすめです。

フリーランスのWebデザイナーに外注する3つのデメリット

フリーランスのWebデザイナーに業務を外注するのは、メリットばかりではありません。

外注を利用する際はデメリットもしっかりと把握した上で進めていくようにしましょう。

1.良いWebデザイナーを探すのが大変

フリーランスのWebデザイナーを探す方法は、知人の紹介・クラウドソーシングサイト・SNSで見つけるなどが多いでしょう。

知人の紹介で良いデザイナーに出会えレバ一番良いですが、なかなかそのようなツテがないことも多いでしょう。クラウドソーシングやSNSでの呼びかけでは、そのデザイナーの人となりが見えず、当たりハズレが大きいのが現実です。

外注先のWebデザイナーを探す時はポートフォリオを確認するだけでなく、クラウドソーシングサイトなら実績の確認、SNSなら日頃の投稿を見て人となりも確認しておきましょう。

2.納品物の質に不安がある

Web制作を外注化する時の一番の心配は、どの程度のクオリティで上がってくるかがわからないことです。

Web制作会社であれば、評判や実績からそれほど大きな乖離はないですが、初めて頼むフリーランスのWebデザイナーの場合、その質が保証されるのか心配になることも多いでしょう。

またWeb制作会社に頼んだ場合、もしメインの担当者が体調を崩してしまっても代わりの人が対応して、納期までに仕上げてくれますが、個人のWebデザイナーの場合は、本人に何かあった際にストップしてしまうリスクもあります。とはいえ、フリーランスも、すぐにカバーできる仲間に依頼ができるなど、リカバープランを用意していることもあるので、万が一の場合のバックアップ体制も確認しておくと安心ですね。

3.フリーランスによっては連絡が取りづらい

フリーランスのWebデザイナー中でも、副業として仕事を請け負っている人もいます。

平日の日中は、本業があるため連絡が取れず、やり取りに時間がかかってしまうことも…。

このような事を避けるためには、本業として活動しているか、連絡のつ来にくい時間帯はあるか?などを、予め確認しておくことがオススメです。

フリーランスのWebデザイナーに外注して業務効率化をしよう

初めてWebデザイン業務を外注する場合、不安は多いと思います。しかし、外注化した多くの企業で、業務が改善されたなど、満足度を感じられているケースも多いです。

最初の立ち上げは、少し大変かもしれませんが、フリーランス人材を活用することで、業務のスピードアップを目指してみませんか。

初めての外注で不安な方は、サポート体制がそろったランサーユニットまでぜひ一度お問い合わせください。

ランサーユニットへお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

この記事を読んだ方におすすめの記事

WebCM公開中!
PAGE TOP